イチジク生活7 『 卵×イチジクは意外な高評価!? 』

Pocket

どうも、今日は頭を柱にぶつけて小学生以来のタンコブを

つくっているイチジク王子です( ´ ▽ ` )ノ

 

今回は、卵とイチジクのコラボレシピ!!

「 こんなの美味しいのか!? 」

なんて声も聞こえてきそうだが、これが意外やイガイで

絶品でした。

 

付属のイチジクソースがいい味出してたのよね^ – ^

是非、騙されたと思って作ってみてください!!

 

( 材料 )

  • 卵        3個
  • イチジク     1個
  • 生ハム      6枚

<イチジクソース>

  • イチジク     1/2個
  • 玉ねぎ      1/4個
  • 醤油       大さじ1
  • はちみつ     大さじ1
  • バルサミコ酢   大さじ2
  • オリーブオイル  大さじ2
  • 塩コショウ    少々

 

なぜ” 卵 ”と” 生ハム ”なのか?

イチジクをこの両者で囲ったのには訳がある。

この2つには共通点がある。

それは、、、

 

『 タンパク質食品 』

 

ということです。

イチジクの効能で振り返ってみると、イチジクはタンパク質を分解する

酵素(フィシン)を含んでいます。

それにより、うまくタンパク質を身体に取り込んでくれる作用が

もたらされます。

 

身体の中からの視点から言うと、イチジクはタンパク質食品と

組み合わせることで、最大の効果を発揮して

 身体がヨロコぶ ”

状態を作り上げてくれます。

タンパクは遺伝子から、身体の形、神経、血液、あらゆるものを

作るのに必要不可欠です。

そのタンパク質を取らずには、いい身体づくりはできない。

いい身体作りにはタンパク質が必要。

タンパク質を効率良く摂れるようにするのが『 イチジク 』

と来たら、イチジクは身体にとって必要なものとも捉えられます!

(無理やりか?w)

兎にも角にも、肉や魚、卵や大豆といったものを食べると時は

イチジクも食卓において食べて欲しいものだとねがうばかりです。

 

では、本日も読んでいただきありがとうございました。

イチジク王子の志田でした( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

志田修平、1985年5月29日 調理師、管理栄養士、柔道整復師 『いちじくプロモーター』 実家のイチジク農園を有名にすることを始め、販路の拡大を行い豊かになり、それを他の農家さんの販路を作り上げ、山形の農家を豊かにする。 そのための活動としていちじくの認知をあげるための活動を現在はおこなっています。 (私にできること) イベントなどの出張料理を行います。普通のイベントにはない、美味しく懐かしい料理から斬新な料理の提供など他のイベントとの差別化ができます。